愛娘(ゴールデンレトリバー)「雪」と私ことおいどんの親バカ、子育て奮闘記
親バカ日記
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
小さなお客さん
2007-10-03-Wed  CATEGORY: 未分類
 写真撮るの忘れちゃった! 実は先週の土曜日から我が家に小さなお客さんが来てました。

 土曜日の夜、雪と散歩の途中、田んぼの薄暗いあぜ道からなにやら小さな生き物のうごめく気配が・・・。最初に気づいた雪が近づいて鼻をくんくん鳴らしているその先には、体が雪の半分くらいしかないちっちゃなワンちゃんが同じように雪に鼻を近づけてくんくんしてました。首輪をしてましたし、リードまでついてましたから、散歩中に脱走でもしたかなと思いましたが、近くにそれらしい人は発見できませんでした。白と茶色のまだらの女の子。犬種はいまだに分かりません。
 
 ずいぶん人懐っこい犬で、私が近寄っても逃げようともせず、差し出した私の手をくんくんしてました。だから簡単にリードを取ってその子を捕まえることができちゃったわけです。ほうっておいたら家に帰るかも知れないし、飼い主さんが探してる最中かも知れないとは思いましたが、このまま放って置いてもし、車にはねられたらとか心配で、雪の散歩コースを変更してそのワンちゃんのリードを持ったまま、しばらくそのワンちゃんの歩く方向に付き合ってみることにしました。 

 途中で出会う人に「このワンちゃん迷い犬らしいんですけど」とたずねまわってみたものの、誰も知ってる人がいない。1時間近く経過し、とうとう歩きつかれたのか、雪のほうがバテて道に座り込んでしまいました。しょうがないのでそのワンちゃん我が家に連れて帰ることにしました。幸いなことに我が家には雪の避暑用に買った「空き犬小屋」がありますし、雪のドッグフードもたくさんある。まずは我が家で小休止し、とりあえずは近くの駐在所に迷い犬の届けをしました。おまわりさんに「捜索願は出すけど、保健所に出すのは勘弁してください。飼い主さんが見つかろうが見つかるまいが私の家で面倒見ますから」とお願いすると、あっさりとOKしてくれました。(飼い主さんが見つかったら必ず返してあげてくださいねときつく念を押されましたが)

 本当におとなしいワンちゃんで、この間一言も泣き声を上げてません。雪の犬小屋に入れても別段抵抗するでもなく、ドッグフードと水を差し入れてこの日はおやすみなさいです。このワンちゃんは別にほえることもなく、毛布を敷いてあげた寝床に体を丸くしてあっさりと寝てくれました。

 次の日も私は残業で夜遅くなってしまいました。この間事情を話した母がワンちゃんの面倒を見てくれたのですが、このおとなしくて小さなワンちゃんがえらく気に入ったらしく、「もし、飼い主さんが見つからなかったら家で面倒見てあげよう」といってくれました。普段は犬見知りする雪もこのわんちゃんには打ち解けて、散歩中もちょっとじゃれ付いてみたりとまんざらでもない様子。私も皆と同意見でした。(・・・っていうか飼い主が見つからなければいいという邪な考えが・・・・)
警察からの連絡もないし、夜同じように散歩させてみたのですが、一向に自分の家に帰る気配なし。これはもう決定かなと正直嬉しくなってましたね。

 3日目。やっと定時で仕事終わって、夕方から二人を連れて散歩しながらこのワンちゃんのこれからのこと考えてました。まずは役場で必要な手続きとって、病院へ連れて行って予防注射やら薬もらったりとか、すでにワンちゃんの名前まで考えたんですよね。(greendog様とか、ちょろ様ならすぐ思いつくと思いますが・・・えへへへへへ・・・・)
自分の飼い犬がいなくなったのに、警察に問い合わせにも来ない飼い主さんに幾分頭にきてたところもあるんですよね。

 考えごとをしながら散歩している私たちとすれ違った、これもワンちゃんのお散歩させているご夫婦から声をかけられました。
「あら、このワンちゃん**さんところのワンちゃんに似てるわねえ」

 私の野望が潰え去った瞬間です。

「この子、迷い犬なんです。どこの子かご存知ですか?」
ご夫婦は親切にワンちゃんの住所を教えてくれました。このチビちゃんの帰巣本能に期待して歩かせていた方向とはまったく反対の方角でした。ご夫婦にお礼をいって、とにかくチビちゃんの家に向かいました。

 雪の散歩コースより若干遠くでしたが、同じ町内の方でした。チビちゃんの家についてドアをノックすると、出てきたのはおじいさんでした。手には包帯を巻いていたし、額にも怪我をして痛々しい血痕が。チビちゃんを見るととても喜んでいたし、チビちゃんも尻尾を振りながら喜んで家に入っていきました。もう私出番無しですわ。

 事情を聞くと、おじいさん自転車に乗ってチビちゃんと毎日散歩に出かけてるみたいで、土曜日も自転車に乗ってチビちゃんと散歩の途中、チビちゃん猫だか犬だかを見つけて何を思ったか急に追いかけようと猛ダッシュで自転車の前を横切って駆け出したそうです。おじいさんびっくりしたのかバランスを崩してしまったのか自転車ごと転んでしまい捻挫してしまったようですね。チビちゃんはそのままどこかに走っていってしまったんですが、おじいさん追いかけることができない。しょうがないからチビちゃんが自分で帰ってくることを期待して、自分家に帰ったそうです。ところが治療を済まして待っていてもチビちゃん帰ってくる気配がない。痛む体を無理して探し回ったそうですが、見つからない。(同時刻、私もチビちゃんを連れて探し回ってたんですが・・・・同時刻に落とし主と拾い主がそれぞれ見当違いの場所でうろうろうろうろ・・・アホやん)そのおじいさんが何故警察に電話しなかったのかだけは・・・何といいますか、その・・・はは・・・・わかりませんが。

 今後このようなことがないように、首輪に迷子札とまではいわないが、予防注射の鑑札くらいはつけることと、チビちゃんがいなくなったら即座に警察、保健所に電話して問い合わせてみることだけを忠告してチビちゃんとおじいさんにお別れしてきました。


 でも、本当におとなしくてかわいいワンちゃんだったなあ。今度おじいさんのところにお邪魔して、チビちゃんの写真だけは撮らせてもらおうっと!

2007100301.jpg

「どうせ私はうるさいですわよ~~~~だ!!」
スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント4
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
コメントgreendog | URL | 2007-10-03-Wed 23:40 [EDIT]
なんだぁ~~(ゴメン) G3さんちに新しい家族がっ!って思って いただいた
コメにレスする前にきちゃいました~。 つくづく優しいG3さんの前には迷犬や
ボギーくんのような犬があらわれるようになっているのですねぇ。

けど、このワンちゃん 飼い主さんのもとにもどれて本当によかった。
お母様も 一瞬 家の子にしても・・って思われるほど おとなしい子だった
んなら 今は逆にちょびっとさみしいかもね~。
雪ちゃんも温和で お利口さんやから その子を連れて帰れたんやもん。
雪ちゃんにも ごほうびあげなきゃ、ですよー
ボギーくんは男の子やから 合う合わないがはっきりしてるんとちゃう?
・・・ってリュウタもあまり 他犬を受け入れないから ちょっとボギーくんの
肩をもっちゃいました。 ボギーくん、G3さんに感謝してると思うよー
それに 表現の仕方はそれぞれやけど おとなしいその子にヤキモチやいてたりして・・ネ。

ウフフ 実はリュウタの名前を決めるとき 私、当然(カタカナやけど)
弟のほうを提案しましたのよ。 でも 何でいまどき~?苗字山口ちゃうやん!
なんて家族の反対にあって (おもに兄貴と妹から)ご近所にすでにいた
リュウくん(賢かった)にあやかって一文字(タ)をくわえて リュウタになったわけですの。

ねえねえ、G3さん 駐在所とか役場とか~ 本当に田舎っ?
コメントG3 | URL | 2007-10-04-Thu 00:27 [EDIT]
greendog様、いらっしゃい~!
本当にかわいい子でした~! 今度写真撮るから見てね~!
雪とも相性よかったし、理想的なワンちゃんでしたね。

 ボギー君はね~。猛ダッシュで飛び掛っていくなんてデリカシーに欠けすぎって感じしません?基本的には社交的でいい犬なんですけどね。頭いい子なのに今まできちんと教えてあげる人間がいなかったっつーか・・・。

 あのチビちゃんも飼い主さんのしつけがよくってあんなふうになったんなら、私も見習わなくっちゃってつくづく思いましたね。(・・・・ということは、しつけがぜんぜん出来てないことじゃん)

田舎田舎! いまだに大名行列に土下座しなけりゃならないって私ン所くらいじゃない? この間の寄り合いじゃ、年貢が高過ぎって一揆の相談してたし~。
コメントジュピパパ | URL | 2007-10-04-Thu 00:39 [EDIT]
へぇ~、残念?なのか、安心なのか微妙な感覚ですね~。
深く情が入りすぎる前に一件落着ですかね。

もう、1頭増やしてもいいならまたゴ-ルデンにしてくださいよ!
トライベストも出産情報出てましたね。

しかし、おいどんさんに見つかった犬は保護されちゃうんだ~!
迷える悲しい犬が現れない事を望みますね。
コメントおいどん | URL | 2007-10-04-Thu 08:03 [EDIT]
 ジュピパパ様、いらっしゃい~!
うひゃ~! ゴールデンをもう一人ですか? 私のような未熟者には雪を育てるのに精一杯です~!

 迷える悲しい犬・・・。実際にはお目にかかったことないけど、岡山にはまだまだいっぱいいそうです。昨日もワンちゃんをゴミと一緒にゴミステーションに入れて、ご丁寧に鍵までかけた馬鹿がいるという噂を聞きました。まだまだワンちゃんたちの受難は続きそうですね。
トラックバック
TB*URL
<< 2018/05 >>
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


余白 Copyright © 2005 親バカ日記. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。