FC2ブログ
 愛娘(ゴールデンレトリバー)「雪」と私ことおいどんの親バカ、子育て奮闘記
親バカ日記
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
ボギー君のこと
2007-05-03-Thu  CATEGORY: 未分類

 ボギー君はゴールデンレトリバー。5歳の男の子です。
雪との散歩道で偶然見かけました。広い田んぼに面した一軒家で、裏庭の片隅にある犬小屋に鎖で繋がれていました。こちらと目が合っても、吼えるわけでもなく、何か悲しげな目で、じっとこちらを見続けていました。
 私は誘惑に負けて、ついふらふらと人様宅の裏庭に入り込んで(雪の散歩道の脇を流れる小川にかけた小さな橋を渡った所がその裏庭になるわけですな)しまい「おい、どうした?」とそのゴル君に話しかけんですな。英語と犬語の苦手な私にはゴル君が何を言ってるのかわからぬまま、しばらくゴル君の頭を撫でていました。そこに農作業姿のその家の住人であるおばあさんが帰って来たので、私は「あ、こんにちは」と挨拶を交わしたもんです。
 幸いなことに優しいおばあさんだったから、不法侵入者である私は咎められることもなく、しばらくはそのゴル君のことを色々教えていただくことが出来ました。
 そのゴル君(ボギー君)の直接のご主人である、おばあさんの息子さんは仕事でいつも夜遅くのため、散歩に連れて行くことが出来ず、おばあさんにしたところで力の強すぎるボギー君のため、結局ここ数年は鎖に繋がれたままの状態が続いているとのこと。ゴルのもっとも苦手とする夏の間もずっと繋がれっぱなしだったそうです。ボギー君は猛暑から逃れようと犬小屋の下に必死で穴を掘り続けていたそうです。どうやらエアコンの効いた家ちの中に入れてあげると言う発想はこの家の人たちにはなさそうです。言われて見ればボギー君、何年もお風呂に入ってないと見えて、頭を撫でると毛がねちゃねちゃ。毛玉だらけで、まるで体中パーマかけてるみたい。

 ひろしまDPで見た、可哀想なワンちゃん達の姿が頭を過ぎる。何か私に出来ることはないか?そう思ったとき思わず言ってしまったんですな。

「良かったらこの子も一緒に散歩に連れていって来ましょうか?」





 かくしてほんの10分か20分、雪の散歩コースは延長され、お散歩仲間が一人増えちゃった訳であります。(さすがに毎日は無理だけど・・・・)

 雪ちゃん、ボギー君のことどう思う?

2007050304.jpg

スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント2
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
コメントgreendog | URL | 2007-05-05-Sat 19:47 [EDIT]
G3さん! ありがと~v-409 ボギー君のお散歩役をかってでてくれるなんて・・
おあばあさんもOKしてくれてよかった~。色んなそれぞれの家庭の理由で
こーゆー境遇のワンコけっこういるもんね。
私も以前 自分のブログに何度か書いたけれど まったく同じ境遇のワンコ
が3頭 同じ住宅街にいました。
1頭は同じくゴールデン、近所中から同情されていたけどあまり周りと
お付き合いしていない家だったので誰も何もいえなくて・・知らない間に
管理センターへ連れて行かれ処分されていました。

もう1頭はこれも以前日記に書いたけれど短い短い鎖で何年もつながれた
まんまで、ストレスから(獣医さんが言うには)狂い死にしました。
この子達 どっちも気になりつつも何も手を差しのべてあげることできなくて
本当に後悔しました・・。

もう1頭はハスキー犬でボギー君と全く同じ理由でした。
この子は脱走壁があって鎖を引きちぎって自分で散歩へでかけたりして
いましたし 近所の優しい人に時々は連れ出してもらってました。
私も数回 散歩へ連れていってあげたことあるんですが、定期的に病院
などへは行っていなかったのである日 朝起きてきたらハウスで亡くなって
いたそうです。 このような境遇の子を見たり聞いたりするととても心
が痛みますが それ以上に情けないのは 思うだけで何もできない・・って
ゆーかする勇気も時間もなく・・ そーゆー自分。

G3さんも お忙しいでしょうし そうそう頻繁には無理かもしれませんが
私の分までボギー君 のことよろしくお願いします・・。(虫がよすぎますが)
ほんの少しでも自分のこと見てくれる人がいるだけで犬って幸せを
感じていると思うんですよね。 G3さん 優しいね。 ありがとう。
長くなってゴメンナサイね。
コメントG3 | URL | 2007-05-05-Sat 23:51 [EDIT]
  greendog様、いらっしゃいませ~。
いや~、そんなに褒められると・・・・。
なんと言いますか、このての話、greendog様のブログをはじめ、よく聞きますからね。今も私の目のとどかなないところで悲惨な境遇に泣いている子達が(確実に)いるという、胸の痛くなる現実。思わず言葉をかけずにはいられませんでした。ほんのちょっとだけでも助けることが出来て、嬉しかったです~。

トラックバック
TB*URL
<< 2018/10 >>
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


余白 Copyright © 2005 親バカ日記. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。