FC2ブログ
 愛娘(ゴールデンレトリバー)「雪」と私ことおいどんの親バカ、子育て奮闘記
親バカ日記
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
ボギー君とお散歩
2008-05-10-Sat  CATEGORY: 未分類
 去年は雪一人だけで、まさか娘が二人も増えるとは思ってなかったので、気楽にボギー君と雪と散歩していたのですが、さすがに四人まとめてというのは無理なので、ボギー君とは娘達と時間をずらして散歩しているのが、最近のパターンなのです。仕事の時間帯によってはボギー君との散歩は深夜近くになる日もあるわけです。
 昨日も娘たちを寝かしつけて、ボギー君宅まで自転車で直行し、そこからボギー君との散歩に出かけて行きました。
2008051016.jpg


 散歩していると背後から話し声が聞こえてくる。男女二人連れ、若いカップル?楽しそうに取り留めの無い会話を楽しみながら私の3~5メートル後をついて来るんですね。それはいっこうに構わないのだが、こっちは、いつボギー君が二人連れに飛びついていくのかひやひや。この日は懐中電灯を忘れて真っ暗闇(写真は過去のものを使用)のなか、カップルに向かっていきなり大きなゴールデンが飛びついていくという惨劇を想像するに、早く私を追い越して行ってくれないかと内心イラつきながら歩いてました。
 ところがこのバカップル達、いくらこっちがボギー君のリードを短く持ち、ペースを落としてゆっくりと歩いても、一向に追い越していってくれない。こちらと同じペースで後をついてくるんですな。相変わらず楽しそうにとりとめのない会話を楽しみながら。なんか私「あてつけられてるんだろうか?」と正直だんだんむかっ腹が立ってきたんです。ボギー君はマイペースでぐいぐい引っ張りながら時折田んぼの中に入ろうとするし。
 やっと折り返し地点に到達し、楽しそうに後をついてくるカップル達に(別に後をついていってるつもりは無いのだろうが)わざと聞こえるように、
 「さあ、ボギー君、帰ろう」
と、ボギー君のリードを引き寄せ、カップル達のいるであろう後ろを振り返ると、
つづきを表示
スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント4
<< 2008/05 >>
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


余白 Copyright © 2005 親バカ日記. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。